FALKTALE ARTS THEATER 劇団 民話芸術座

日本全国の小・中学校での巡回公演を中心に、子どもはもちろん大人も楽しめる芝居創りを続けています。

トップ > 巡回公演作品 > キジムナーの約束

パンフレット:キジムナーの約束の表紙

【上演時間 ⁄ 75分】
原作:出口富美子   脚色:小村哲生

▼ ものがたり  |  ▼ CM映像

すべてのエネルギーは優しさから生まれた
妖精キジムナーと少年ワタルの物語

ものがたり

舞台は沖縄。ヤンバルの森に抱かれた集落にカマドーというおばあさんが暮らしていました。戦争が終わって1年目の夏、カマドーばあさんの所にワタルという孫がやってきます。 ワタルは戦争で家族をなくし、おそろしい体験をしたせいで口もろくにききません。

カマドーばあさんは孫のワタルを思い、昔の笑顔を取り戻してほしいと毎日毎日ガジュマルの木に祈ります。
『あの戦争でワタルの命は救われましたが、心が救われておりません。ワタルはいつも1人ぼっちです。どうかワタルに友達が出来ますように』と。

そしてワタルの前にあらわれる妖精キジムナー。

「友達するか!」

明るく一生懸命なキジムナーは、人懐っこくワタルに語りかけます。そしてワタルの心は…。

キジムナーの約束 舞台写真

純粋無垢なキジムナーの明るく一生懸命な姿が、大切な人を守る力、生きる強さ
そして未来を切り開く力に繋がっていく…感動の物語

キジムナーの約束 舞台写真
キジムナーの約束 舞台写真
キジムナーの約束 舞台写真

出口富美子著 「沖縄の妖精 キジムナーの約束」原作本はこちら

お問い合わせフォームはこちら 資料請求フォームはこちら

CM映像

ページのトップへ戻る